Rock Classics 2

往年のロック名曲サウンドを再現したパッチ・コレクション。

Live Set

1My Iron Lungイントロ部のアルペジオで使われているサウンド。FX1内のOVERTONEを使用してオクターブ上の倍音を強調している。CTL1=OFFでクリーン系バッキング・サウンドに変更。
2Freeway Jam70年代のジェフ・ベック風にファズとMS1959を組み合わせている。CTL1にVIBRATOをモーメンタリーでアサインし、原曲で多用されているアーミング・フレーズを再現。
3Message In A BTLコンプ、コーラス、ディレイなどを駆使することで一世を風靡した、アンディ・サマーズのギター・サウンドをシミュレート。
4Moneyファットなファズ・サウンドが特徴のリード・サウンドですが、ここではあえてコンプとRATを組み合わせてのサウンド・メイク。CTL1でトレモロ・クリーンに切り替え可能。
5Take It Or LeaveDXCRUNCHを使った、シングル・コイル向きのクリーン~クランチのコード用パッチ。CTL1でフロント・ピックアップにぴったりのリード用サウンドに切り替わる。
6Even Flow90年代初頭のグランジを代表するパワー・コード・サウンド。CTL1でディレイを併用したリード用サウンドに切り替わる。エクスプレッション・ペダルを踏み込むとワウがオンになる。
7Walk Don't Run60年代風のサーフ・ギター・サウンド。PLATE REVERBを使用しているが、もちろんSPRINGでも可。CTL1でコード用、EXPには半音のペダルベンドをアサイン。
8Gravityストラトのクリーン~クランチ風のリード・ギター向きのパッチ。コンプレッサーで味付けを加えている。CTL1で音源のバッキングのようなトレモロ・サウンドが可能。
9Only Shallowコーラスや空間系を併用して、イントロのファズの壁を再現。CTL1で、ギター・アームの代わりに自動でペダル・ベンドにより、ピッチが微妙に揺れるクランチ・コード・サウンドを作成。
10VicariousPREAMP=BGNR UBを使った、コンテンポラリーなハイゲイン・サウンド。イントロのアルペジオ・フレーズも弾けるように、CTL1でPREAMP=CB CRUNCHに変更可能です。

このライブセットをご利用いただくには各製品に対応したBOSS TONE STUDIOアプリをインストールいただく必要がございます。下記よりお手持ちの製品をご確認のうえ、ダウンロードをお願いいたします。

GT-1

ハイクオリティなサウンドを、軽くてコンパクトなボディに凝縮したマルチ・エフェクト。