POP Synth Bass Collection by Tamas Barabas

このパッチコレクションでは、往年のPOP、R&B、HIP HOPの名曲で使用されているシンセベースサウンドを作り上げている。さらに、CTL1ペダルを踏むことで、サウンドに様々な変化を加わるようなアサインが設定されている。

Tamas Barabas -- 1972年、ハンガリーに生まれる。セッションミュージシャン、ベーシスト、サウンドエンジニア、コンポーザー、プロデューサー、アレンジャー等として多岐に渡り活動しており、ポップからジャズまで様々なジャンルのアルバムに参加。自身の属する"Djabe"で卓越したベース技術と作曲能力を培い、世界44カ国でツアーを行いながら有名なジャズフェスティバルやワールドミュージックフェスティバルに参加を果たす。その傍らでハンガリーではサウンドエンジニアとしても高く評価されている。"Djabe"のアルバム"Sheafs Are Dancing"はアビーロードスタジオのトップエンジニア達からも高い評価を得る。2001年のRC-20発表以来、BOSS Loop Station の熱狂的なファンであり、ステージではループパフォーマンスを行い観客を沸かせている。 Emerton Band called Tea (1994)、Fonogram World Music - Djabe (2000)、Emerton Jazz - Djabe (2001)、Emerton Jazz - Fusio Group (2006)、Artisjus Musical Foundation - Bass Artist (2011) 等の受賞経験も持つ。ウェブサイト:www.tamasbarabas.com

Live Set

1THE BEAT INTRO80年代に人気を博した図太いシンセベースサウンド。矩形波を2系統、サイン波を1系統使用し、さらにLFO変調したフィルターによりサウンドに変化を加えている。
2THE BEAT 原音に、歪ませたオクターブ上の三角波を追加。さらにローパスフィルターとエンベロープフィルターで音作りをしたシンセベースサウンド。
3TOP ON BASS SYNTHベースの原音にオクターブ下の矩形波を加えた、R&B好きのためのシンセベースサウンド。CTL1を踏むとノコギリ波がプラスされる。
4HIP HORSE BASSヒップホップ向けのサブベースサウンド。ベースの原音にサイン波を加え、深くフィルターをかけて高域を極端にカット。CTL1を踏むと、オクターブ下の三角波がONになると共に、ベースのダイレクト音がOFFになる。
5TOWN BASS豊かな中低域を持った、鈍く太い、典型的なMotownベースサウンド。ベースの原音に三角波を追加している。CTL1を踏むと、原音が消え、代わりに三角波がもう一つ加わる。
6JEANS BASSピーキングフィルターをかけたベースの原音と、ローパスフィルターを通したサイン波をミックス。CTL1を踏むと、歪んだノコギリ波が加わる。
7RAINY BASSデチューンしたノコギリ波にオクターブ下の矩形波をプラスしている。CTL1でサイン波を加えると、さらにパンチの効いた太いサウンドに変化する。
8HUMAN ARP BASS原音をコンプレッサーで整えたサウンド。CTL1を踏んだ時のみ、ステップシーケンサーを使用した矩形波と三角波のアルペジオが加わる。

このライブセットをご利用いただくには各製品に対応したBOSS TONE STUDIOアプリをインストールいただく必要がございます。下記よりお手持ちの製品をご確認のうえ、ダウンロードをお願いいたします。

SY-300

標準ケーブルの接続のみでレイテンシーの無い演奏が可能な、専用ピックアップ不要の新しいポリフォニック・ギター・シンセサイザー。