Intros & Leads Collection by Tamas Barabas

SY-300のフレキシビリティを活かしたパッチコレクション。上質なアンビエントエフェクトやシンセアサインを駆使したイントロ向けのパッチや、個性的なベースシンセソロに特化したパッチを搭載。さらに、CTL1ペダルを踏むことで、サウンドに様々な変化を加わるようなアサインが設定されている。

Tamas Barabas -- 1972年、ハンガリーに生まれる。セッションミュージシャン、ベーシスト、サウンドエンジニア、コンポーザー、プロデューサー、アレンジャー等として多岐に渡り活動しており、ポップからジャズまで様々なジャンルのアルバムに参加。自身の属する"Djabe"で卓越したベース技術と作曲能力を培い、世界44カ国でツアーを行いながら有名なジャズフェスティバルやワールドミュージックフェスティバルに参加を果たす。その傍らでハンガリーではサウンドエンジニアとしても高く評価されている。"Djabe"のアルバム"Sheafs Are Dancing"はアビーロードスタジオのトップエンジニア達からも高い評価を得る。2001年のRC-20発表以来、BOSS Loop Station の熱狂的なファンであり、ステージではループパフォーマンスを行い観客を沸かせている。 Emerton Band called Tea (1994)、Fonogram World Music - Djabe (2000)、Emerton Jazz - Djabe (2001)、Emerton Jazz - Fusio Group (2006)、Artisjus Musical Foundation - Bass Artist (2011) 等の受賞経験も持つ。ウェブサイト:www.tamasbarabas.com

Live Set

1PSYCHICAL BASSベースの原音に、三角波とオクターブ上のサイン波を加えている。サイン波にはリバースディレイをかけている。ミックスされたサウンドに対し、エフェクトチェーンの最後にリバーブとディレイを足している。
2CAVE Z BASS銀河的なイメージを髣髴とさせるアンビエントベースサウンド。ベースの原音に2つの波形を足している。1つはローパスフィルターとコーラスをかけたオクターブ上の矩形波。もう1つはデチューンしたオクターブ上のサイン波にハイパスフィルターを通したサウンド。
3LEE SYNTH BASSオクターブ上のノコギリ波とサイン波をブレンドしたサウンド。CTL1を踏むと、オーバードライブがかかる。それぞれの波形のカットオフ周波数を下げると、よりスムースなサウンドに変化する。
4SHY WAH BASSサイン波とオクターブ上の矩形波にエンベロープフィルターを通した、シンセベースワウサウンド。
5UPPER POW BASSリバーブとコンプレッサーのかかったベースの原音に、オクターブ上のサイン波を加えている。指弾きでのリードに最適。
6TALKER MANローパスフィルターをかけた三角波に、デチューンしたオクターブ上のノコギリ波を加えている。原音にはバイパスフィルターを使用している。ベースが会話しているようなユニークなサウンド。

このライブセットをご利用いただくには各製品に対応したBOSS TONE STUDIOアプリをインストールいただく必要がございます。下記よりお手持ちの製品をご確認のうえ、ダウンロードをお願いいたします。

SY-300

標準ケーブルの接続のみでレイテンシーの無い演奏が可能な、専用ピックアップ不要の新しいポリフォニック・ギター・シンセサイザー。